■プロフィール

Joy Printing Co.,Ltdは、1986に創立以來、「品質」を企業理念に揚げ、多様多種な包裝を核とした製品と様々なサービルをご提供、斬新な製品を世界へご紹介することを使命としてきました。   當社は最初、新北市中和區にある印刷しか持たない小工場の出身です。しかも、社員が7人のみ工場が始まりました。何十年前より臺灣にも知的財産権の重要性がわかってきましたので、顧客ニーズに一貫生産體制をご提供できるようにするだけでなく、製品の品質向上と製造効率化も実現するため、プリンプレスでCTP版完了、資材投入から印刷?加工(表にプレス?PP?マットPPなど)?打抜け?糊付け?製品アセンブリライン?梱包までの全工程を同一工場で行うことです。そのため、2000年に桃園平鎮へお引越ししにきました。統一品質管理での生産が可能になるとともに、製品に対する様々なご要望に、柔軟かつスピーディな対応ができる體制となります。しかも、人材育ちにも積極的に行われております。

■強み■

一貫生産體制だからこそ、簡易なチラシをはじめとして、パッケージに指定印刷品などをアセンブリまでも工場內に完成なので、運送時間が縮めるし、色立會いが必要となる場合には、本紙本機を現地でご提供が可能となります。

■沿革■

1986

臺北萬華で創立(資本金:約NT$300萬)、営業項目は印刷のみ(ハイデルベルク印刷機)

1991~1994

*臺北中和の家美工業団地に引越し、工場規模を拡大
*印刷前のプロセスを設置
  ※設備を購入
   デジタル?カラースキャナー
   ドイツ製のCADカッター(POLAR)
  ※品質と効率が上がるように、
   印刷前の設備を購入、プリプレス部門を成立。

1999

*特殊印刷、PVC印刷、レンチキュラー印刷、偽造防止印刷なども対応できるように、 ドイツ製のKBA:72UV印刷機を購入 *加工工程の稼働率を上げるため、中綴じ機を増やした

2000

* “地球に優しい”社會の実現を目指し、ドイツ製のKBA:水性ニース機を購入?!?br>  *生産ラインを拡大、品質管理體制を向上。
      ※自動的な型抜き機:2臺
      ※製袋機:2臺
*工場移転、営業の規模を広げた。
      ※恒溫、濕度
      ※自動的に除塵
      ※クーラを統一制御するシステム
        完備な工場を建て、敷地面積:約4800坪。

2002

お客様の高度な品質要求を満足するために、品質認証チームを作り、國際的な品質マネジメントシステムの認証であるISO9001:2000を導入し、規範に基づき高い品質を維持している。

2003~2009

國際的な會社
  ※CMC  ※Mitsubishi ※Sony  ※TDK   ※ BANDAI  ※McDonalds等 上記の顧客に認定される印刷包裝材料メーカーになった

2007

クリーン室の設置及び規範:
 ※目的:日本向けの製品に対して、高品質を提供できる。
①アセンブリ現場に入る前:
   ?クリーン?ウェア、クリーン?ハットを身に著けること。
   ?従業員は手袋を著用する(指袋)こと。
   ?室內スリッパを履くこと。
②現場に蟲取り器を設置し、機器を定期に點検する。
③刃物等の危険物管理
  刃物等の危険物を使用する際、決められた場所で使用し管理する。
④重量検査
   ?1束ずつ(100部など)検査する以外、梱包の後、1箱ごとの重量検査及び記録を実施する。
   重量が適正範囲內に収まっているかを全數検査すること。

2013

シルク印刷機(局部に糊付け用)(赤/青メガネ専用)。

2014

*特殊形?サイズの製袋機。
*品質検品機。
*シュリンク包裝機

2015

7色UV印刷機

2016~2018

新機購入
*KBA:水性ニース機を購入。(舊機売卻)
*AUTO箔押し機
*BOSST AUTO型抜け機(紙みみ取り)
*PP貼付け機

會社情報

住所:臺灣桃園市平鎮區太平東路1-21號

Tel:03-4608268

Fax:03-4602938